JSTF

全国学生演劇祭について

What’s 全国学生演劇祭

全国学生演劇祭とは、各地域の学生演劇祭で推薦を受けた団体の中から、観客と審査員による評価をもとに日本一を決める演劇の祭典です。
またここでは、同じ舞台に立つ学生同士が互いに刺激し高め合う場になることを目指します。
全国学生演劇祭は、第0回・第1回をアトリエ劇研、第2回からはロームシアター京都にて開催してきました。そして、第4回目となる今回で京都開催に一旦区切りをつけます。
次回から開催地は変わりますが、全国学生演劇祭はまだまだ終わらないという思いを込め、
キャッチコピーを「エンドロールは持ち越しで。」と定めました。
今回は、札幌・東京・名古屋・京都・四国・福岡の6地域より8団体を迎え、最後の京都開催に臨みます。

システム

各地の学生演劇祭から推薦団体が集い上演を行う。観客、また審査員によって賞を決定する。参加資格、上演基準、賞については以下の通りとする。

参加資格
A 団体
• 全国学生演劇祭実行委員会の認可を受けた学生演劇祭からの推薦団体である。
• 学生が中心となっている。
• 日本を活動拠点としている。

B 学生演劇祭
• 全国学生演劇祭実行委員会の認可を受けた学生演劇祭である。
• 各地の学生演劇祭につき1団体、全国への参加枠が与えられる。また、全国学生演劇祭の開催地に関しては追加で1枠、前年度に大賞を取った地域も追加で1枠与えられることとする。(複数枠を使用するかは各地域で選択出来る)
• 全国学生演劇祭が開催される同一年度の、4月~11月までに演劇祭が行なわれていること。
• 各地の第一回開催に関しては、開催期間などの条件を緩和することが出来る。

上演基準

• 脚本は、推薦されたときのものを推奨する。
• 既成脚本を使用する場合及び既成脚本を脚色、潤色、翻案、構成した上で上演する場合は、必ず著作権者の上演許可を得ていることを上演の条件とする。
• 上演時間は45分以内、場面転換時間(前後の団体の場面転換と併せて)は10分程度とする。
規定時間を超過した場合、ペナルティとして、観客賞の平均点から減点します。(各ステージ1分超過ごとに、平均点から0,1ポイント減点。上演時間45分59秒は減点なし)

【贈賞】
大賞
審査員賞と観客賞の結果により賞を決定します。審査員賞に選出された団体の中で、観客投票の平均が最も高い団体を大賞とします。※ただし、観客投票の上位4団体に入っていること。
《副賞》受賞団体を推薦した学生演劇祭に、次年度の全国学生演劇祭出場枠が一枠追加されます。

観客賞
来場していただいた皆様の投票によって選出されます。
※ブロック内すべての上演をご覧いただいた方にのみ投票権があります。

審査員賞
審査員の協議により最大3団体まで選出されます。

クレジット

主催 全国学生演劇祭実行委員会
共催 ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
後援 京都市
助成 芸術文化振興基金
   公益財団法人大阪コミュニティ財団 石黒美代子・まさみ 芸術文化基金
協力 NPO劇研 

特別協賛 株式会社ネクステージ

全国学生演劇祭実行委員会
[執行部] 神田真直(実行委員長) 山内明日香
[制作] 甲田実華 山田真也子
[渉外] 蜷川湖音 植村真菜美
[広報] 渡邊春華 榎本成美 岸ひなた
[企画] 白石舞乃

【事務局】
沢大洋 吉岡ちひろ

【スタッフ】
[舞台監督] 柴田頼克(かすがい創造庫/電光石火一発座)
[照明統括] 則武鶴代 今津知也(オレンヂスタ)
[音響統括] 森永恭代
[制作協力] 渡邉裕史(ソノノチ) 新原伶
[宣伝美術] 下元浩人(EIGHTY ONE)
[web協力] 山口良太