JSTF

全国学生演劇祭について

【Whats 全国学生演劇祭】

 

《日本一おもしろい学生劇団を決める》

全国学生演劇祭は、札幌、東北、東京、名古屋、京都、大阪、四国、福岡、そして中国地方での賞レースを勝ち抜いてきた学生劇団10組が、ここ「京都」に集結し、日本一を競う演劇の祭典です

 

《ロームシアター京都にまだ見ぬ才能が集結》

舞台となるのは、岡崎にリニューアルオープンしたロームシアター京都!

国内外のアーティストが演劇コンサート公演を行う文化創造の拠点で、日本中の若き才能を迎えます。

 

《各地の優秀作品を一気に観くらべ》

上演作品は45分以内。1つのブロックで3〜4地域の劇団を観劇できます。

大賞は観客投票と審査員の選考によって決定します。

 

 

 

【ご挨拶】

学生演劇は、向こう見ずで無謀で破綻を抱えやすい。「どうせ学生でしょ」と下にみられることもあります。ですが本当はその無謀さや、破綻できるということが大事なんだと思います。そのいびつな熱が、固定概念を打ち破ることがある。そして立ち会ったこともない瞬間が生まれる。

この演劇祭で、その瞬間をみなさんと共有したいと思っています。

全国学生演劇祭実行委員会 委員長 沢大洋

 

 

システム

 

各地の学生演劇祭から推薦団体が集い上演を行う。観客、また審査員によって賞を決定する。参加資格、上演基準、賞については以下の通りとする。

参加資格

A 団体

• 全国学生演劇祭実行委員会の認可を受けた学生演劇祭からの推薦団体である。
• 学生が中心となっている。
• 日本を活動拠点としている。

B 学生演劇祭

• 全国学生演劇祭実行委員会の認可を受けた学生演劇祭である。
• 各地の学生演劇祭につき1団体、全国への参加枠が与えられる。また、全国学生演劇祭の開催地に関しては追加で1枠、前年度に大賞を取った地域も追加で1枠与えられることとする。(複数枠を使用するかは各地域で選択出来る)
• 全国学生演劇祭が開催される同一年度の、4月~11月までに演劇祭が行なわれていること。
• 各地の第一回開催に関しては、開催期間などの条件を緩和することが出来る。

上演基準

• 脚本は、推薦されたときのものを推奨する。
• 既成脚本を使用する場合及び既成脚本を脚色、潤色、翻案、構成した上で上演する場合は、必ず著作権者の上演許可を得ていることを上演の条件とする。
• 上演時間は45分以内、場面転換時間(前後の団体の場面転換と併せて)は15分程度とする。

規定時間を超過した場合、ペナルティとして、観客賞の平均点から減点します。(各ステージ1分超過ごとに、平均点から0,1ポイント減点。上演時間4559秒は減点なし

 

 

【贈賞】

○ 大賞

観客賞と審査員賞の結果により賞を決定します。

審査員賞に選出された団体の中で、観客投票の平均点が最も高い団体を大賞とします。ただし、観客投票の6位以下であれば観客に支持されなかったとみなし大賞団体を選出しないものとします。

副賞=受賞団体を推薦した学生演劇祭について、次年度全国学生演劇祭の出場枠が一つ追加されます。

 

○ 観客賞

来場していただいた皆様の投票によって選出されます。(5点満点)。

合計得点を投票数で割った平均点で順位を決定します。

※ブロック内の上演全てをご覧いただいた方に投票権があります。

 

○ 審査員賞

45名の審査員により、話し合いによる審査を行います。「大賞として推したい」団体を最大3団体まで選出し決定します。

 

 

 

クレジット

 

全国学生演劇祭実行委員会

沢大洋(京都・東京学生演劇祭アドバイザー)

平松隆之(劇団うりんこ・うりんこ劇場 制作/名古屋学生演劇祭アドバイザー)

有馬泰成(中国地方学生演劇祭実行委員会 委員長)

加納絵里香(札幌学生対校演劇祭アドバイザー)

斎藤ちずNPO法人コンカリーニョ理事長)

鈴木美恵子(四国学生演劇祭アドバイザー)

長野哲也(福岡学生演劇祭 事務局)

中村大地(とうほく学生演劇祭 事務局長)

森久憲生(東京学生演劇祭コーディネーター)

米澤春花NPO法人コンカリーニョ/札幌学生対校演劇祭発起人)

若林康人(大阪短編学生演劇祭プロデューサー)

 

事務局  沢大洋

     玉木青

 

学生運営メンバー

制作   早野梨奈

     結城はるか

広報   北川星花

     蜷川湖音

企画   山田真也

渉外   前田鼓

                     日栄健

デザイン 山内明日香

 

【スタッフ】

舞台監督 北方こだち(GEKKEN staffroom)

照明統括 ぷっちヨ(@Kyoto.lighting)、佐藤未紗希

音響統括 森永キョロ(GEKKEN staffroom)道野友希菜

制作協力 齋藤秀雄(VOGA

デザイン統括・製作 沖山哲弥

コンセ 松本久木(MATSUMOTOKOBO Ltd.

WEB協力 山口良太