JSTF

出場団体

砂漠の黒ネコ企画 (九州大学ほか)

福岡学生演劇祭
砂漠の黒ネコ企画

プロフィール

劇作家Granous B.K Ponserが発起人となり立ち上げた自主企画。

メンバー・作風共に一切不定で、出会いと発見を積み重ねながら創作活動を行っている。

作家の人間観に根差し、激しくも弱く悲しい人間達の生の慟哭を描いた自作戯曲を上演する。

作品について

『ぼくら、また、屋根のない中庭で』

脚本 Granous B.K Ponser 

演出 木下智之

 

キャスト
A…的野将幸
B…高橋拓也
C…宮地桃子

 

スタッフ
舞台美術/制作…木下智之
照明…関大祐
音響…河北佐那子

 

【作品紹介】

そこにはどんな悪いところも治せる《先生》がいるそうだ。その中庭に、落としものを探す足の悪い男、目の悪い女、そしてもうひとり男がやってきた。あるいは皆、《先生》に会うために。これは、どこか欠けていて、どこにも行けなかった3人の、どこかへの旅立ちの――その少し前の一幕。