JSTF

ニュース

第5回全国学生演劇祭 受賞結果

カテゴリ: 全国学生演劇祭開催後の報告

2020.2.24

2020年2月20日〜24日まで開催された第5回全国学生演劇祭が、無事閉幕致しました。

ご来場いただいた皆様、関わってくださった皆様、誠にありがとうございました。

 

受賞結果を掲載いたします。

 

 

  • 大賞・観客賞・審査員賞

睡眠時間
『◎( わ )』

-京都学生演劇祭推薦

2CA80331-D981-44B1-84B3-7CFE745C75AF-600x600

 

 

  • 審査員賞

劇団ひとみしり
『リカちゃん』

-名古屋学生演劇祭推薦

5FE802C0-25EA-474A-801E-E4A0F9F532A6-600x600

 

  •  審査員賞 

でいどり。

『ありふれた白にいたるまでの青』

-福岡学生演劇祭推薦 

E1542FC8-C4C0-4C7C-9D49-8F9C9DC60FE7-600x600

 

 

  • 観客賞 順位(得点)

 

1    睡眠時間(4.14)

2    遊楽頂(4.10)

3    劇団ひとみしり(4.08)

4    南山大学演劇部「HI-SECO」企画(3.75)

5    はりねずみのパジャマ(3.67)

6    デンコラ(3.41)

7    でいどり。(3.24)

8    fwtp(フワトピ)(3.02)

第4回全国学生演劇祭 受賞結果

カテゴリ: 全国学生演劇祭開催後の報告

2019.3.4

2019年2月20日〜24日まで開催された第4回全国学生演劇祭が、無事閉幕致しました。

ご来場いただいた皆様、関わってくださった皆様、ありがとうございました。

 

受賞結果を掲載いたします。

 

 

 

  • 大賞・審査員賞

 

楽一楽座 (徳島大学)

『LIVED』

 ―四国学生演劇祭 推薦

 

52CFAC2C-C0E9-4CA0-B70A-0EFF4D4B6834

 

 

 

  • 観客賞

 

ゆり子。 (京都橘大学 他)

『あ、東京。』

 ―京都学生演劇祭 推薦

 

4D4D93E9-9054-4A1C-9845-5DF5F9D51203

 

 

 

  • 観客賞 順位(得点)

 

1  ゆり子。 4.29
2  ミチタ カコ 4.22
3  劇団しろちゃん 4.08
4  楽一楽座 4.07
5  劇団バッカスの水族館 3.85(ペナルティ0.1)

6 stereotype 3.63

7 fooork 3.43

8 でいどり。 3.35

 

(5点満点/ペナルティは上演時間超過のため)

受賞結果

カテゴリ: 全国学生演劇祭開催後の報告

2018.3.2

2018年2月22日〜26日まで開催された第3回全国学生演劇祭が、無事閉幕致しました。ご来場いただいた皆様、関わってくださった皆様、誠に有り難うございました。

 

受賞結果を掲載いたします。

 

 

  • 大賞・審査員賞

はねるつみき (岐阜大学ほか)

『昨日を0とした場合の明後日』

 ー名古屋学生演劇祭 推薦

 

 

  • 観客賞

喜劇のヒロイン (日本大学)

『べっぴんさん、1億飛ばして』

 ー東京学生演劇祭 推薦

 

  • 観客賞 順位(得点)
    1  喜劇のヒロイン 4.37
    2  フライハイトプロジェクト 4.19
    3  LPOCH 3.94
    4  ヲサガリ 3.85
    5  はねるつみき 3.84

第2回全国学生演劇祭 結果

カテゴリ: 全国学生演劇祭開催後の報告

2017.3.1

2017年2月24日〜27日まで開催されました、第2回全国学生演劇祭の結果をお伝えします。

各受賞団体と、観客投票のそれぞれの平均点を掲載します。

審査員からの講評はこちらです。

 

大賞

シラカン(東京代表・多摩美術大学)

「永遠とわとは」 脚本/演出 西岳

第二回全国学生演劇祭ゲネプロ写真_170224_0016

撮影:脇田友

 

観客賞

シラカン(東京代表・多摩美術大学)

「永遠とわとは」 脚本/演出 西岳

 

審査員賞

シラカン(東京代表・多摩美術大学)

「永遠とわとは」 脚本/演出 西岳

 

劇団西一風(京都代表・立命館大学)

「ピントフ™️」 脚本/演出 福井裕孝

第二回全国学生演劇祭ゲネプロ写真_170224_0018

撮影:脇田友

 

劇団なかゆび(京都代表・同志社大学)

「45分間」 脚本/演出 神田真直

第二回全国学生演劇祭ゲネプロ写真_170224_0011

撮影:脇田友

 

  • 観客投票 結果

第2回全国学生演劇祭、観客投票の平均点になります。
※小数点3位以下 四捨五入
※一寸先はパルプンテと劇団マシカクは、小数点4位以下 四捨五入
※(  )内は、ペナルティによって減点されている数値です。

 

Aブロック
劇団宴夢 3.43
劇団西一風 3.2
ハイセコ企画 3.07
劇団カマセナイ 3.44

 

Bブロック
劇団なかゆび 2.76
一寸先はパルプンテ 3.645
シラカン 4.45

 

Cブロック
劇団マシカク 3.636
岡山大学演劇部 2.44(0.4)
幻灯劇場 4.06(0.3)

第1回全国学生演劇祭 結果

カテゴリ: 全国学生演劇祭開催後の報告

2016.3.4

全国学生演劇祭_結果

第1回全国学生演劇祭、閉幕いたしました!

多くの支えをいただき、無事に演劇祭を終えることができました。誠にありがとうございました。

 

こちらのページにて、演劇祭の結果をお伝えいたします。

審査員からの講評については、3月中旬ころに改めて掲載いたします。

 

 

  • 大賞

劇団ACT (京都代表)

 

  • 観客賞

poco a poco(名古屋代表)

 

  • 審査員賞

劇団ACT(京都代表)

 

  • 個人賞

観客部門: 佐口由希子(poco a poco・名古屋代表) 

審査員部門:村上真理(演劇ユニットコックピット・福岡代表)

 

 

●●●●●

 

審査方法については、こちらの「賞」の欄をご覧下さい。

 

 

全国集合

 

第0回の賞

カテゴリ: アーカイブ 全国学生演劇祭開催後の報告

2015.11.13

第0回全国学生演劇祭

2015年3月7日〜11日にかけて、『第0回全国学生演劇祭』と銘打って、各地の学生団体の上演とルール設定のための討論会を行いました。

 

 

—第0回の賞について—

 

「第1回全国学生演劇祭(仮称)」のルール設定を行なうため、シミュレーションとして『賞』を設定し、その結果を検証材料としました。

 

  •   賞の設定/審査方法について
  1. 審査員賞
    審査員3名によって選出されます。
    全団体観劇後、実行委員会が定めた審査基準(後述)により受賞団体を決定します。各審査員で順位付けを行い、1位10点、2位8点、3位6点、4位4点、5位2点、6位0点とし、3名の合計点が高い団体が選出されます。
  2. 観客賞
    お客様一人につき、1点から10点までの持ち点が与えられます。 作品鑑賞後にお客様に作品への点数をつけていただき、その点数の平均点を出し、各団体の得点を算出します。各団体の点数を比べ、一番高い点数を得た団体に観客賞を授与いたします。
  3. 委員会賞
    全国学生演劇祭実行委員会によって選出されます。最終ブロック終了後に審査会を設けます。審査基準の設定も含め討論を行い、受賞団体を決定します。

    ※ 第0回全国学生演劇祭は、各賞に優劣をつけません。

 

———-

 

結果

 

審査員賞:

劇団冷凍うさぎ(大阪短編学生演劇祭)
東北大学学友会演劇部(とうほく学生演劇祭)

観客賞:

1位 東北大学学友会演劇部(とうほく学生演劇祭) 平均 8.73点
2位 劇団西一風(京都学生演劇祭) 平均 8.66点
3位 コントユニット左京区ダバダバ(京都学生演劇祭) 平均 7.30点

委員会賞:

東北大学学友会演劇部(とうほく学生演劇祭)

 

 

———-

 

※審査員賞の審査基準について


○演出力、作家性、社会性
・作品が練り上げられている
・この時代、ここで発表する意義がある
・作品の発表対象が内輪に留まらず、社会にコネクトしている

○完成度
演出意図が作品全体に浸透している

○将来性
今後、日本の舞台芸術を担い立つ人材を生み出す可能性がある


以上三点を満たす、あるいは極めて秀でている点をもつ団体へ、審査員賞を授与しました。

 

 

 

※委員会賞 設立意図/選考基準

 

この賞は各地の学生演劇祭でも設けているところはないのですが、第0回ということもあり、観客賞・審査員賞の審査基準ではなく、委員会のコンセプトに見合う作品および団体を選出し、各地の学生演劇祭の今後の賞の設定を考える材料を増やしたい思いから増設しました。

3月10日夜、人間座スタジオにて行なわれた審査会は、札幌から2名、東北から1名、名古屋から1名、大阪から1名、京都から1名の全国学生演劇祭実行委員会メンバー計6名にて行い、まず選考基準を決定するところから話し合いを始めました。
全国学生演劇祭の目的である、地方文化の発展、青少年育成、そして全国的な学生演劇のネットワーク構築という観点、そして『全国』『学生』『演劇祭』のそれぞれの意味を鑑み検討していきました。
結果、「各地の学生演劇祭に招聘したい団体および作品」つまりは「各地域の演劇の土壌を肥やす団体」「観ることによって各地の同世代の演劇の作り手に影響を与えてくれるであろう作品」について、各委員より1団体を選出し、多数決を行いました。同票で2団体となりましたが、さらに話し合いにより1団体を選出しました。